公衆浴場は白癬菌だらけ!水虫になったら抗真菌薬治療

公衆浴場を利用する際は、水虫に注意する必要がある事をご存じでしょうか?
水虫は強い痒みや皮膚のめくれといった症状を引き起こす、皮膚感染症の1つです。
白癬菌というカビの1種に感染する事で起こります。
実は公衆浴場のほとんどには、白癬菌を含む皮膚の破片が落ちているのです。
人間の皮膚はターンオーバーという作用によって、自然に古い角質は剥がれ落ちるようになっています。
水虫を患っている方は歩くと、白癬菌を含む皮膚の破片を散らばらせています。
公衆浴場は不特定多数の方が利用し、しかも裸足となる施設です。
ですので、白癬菌が多く増殖しており、水虫になりやすいと言われています。
特にバスマットやスリッパなどには、白癬菌がいる可能性が大です。
公衆浴場を初めとする裸足になるような施設へ行った際は、しっかり足の裏や指の間を洗いましょう。
白癬菌は皮膚についてから、約24間程度で角質層に感染すると言われています。
この時間内に洗い流せば水虫となる事はありません。
もし、水虫になってしまっても、治療で完治できるので安心しましょう。
水虫は皮膚科で治療する事になります。
治療では抗真菌成分配合した、外用薬を処方するケースが多いようです。
抗真菌成分は白癬菌の細胞膜を壊し、除菌する効果があります。
患部に外用薬を塗り続ける事で、白癬菌を死滅できます。
ただし、外用薬を塗ったり塗らなかったりなど、間違った治療を行うと治るものも治りません。
面倒と感じても外用薬は毎日塗る事が大切です。
最近の外用薬は浸透性と持続性に優れているので、1日1回塗るだけで十分効果を発揮します。
塗る時間帯としては、お風呂上りがおすすめです。
お風呂上りは皮膚が柔らかくなっているので、より抗真菌成分が浸透しやすくなっています。