水虫の薬、ラミシール使用上の注意

水虫の薬として有名なラミシールの主成分はテルビナフィンといって、水虫の原因となる白癬菌に効く抗真菌薬です。
白癬菌は細菌とは少し異なり、真菌と呼ばれるカビの一種ですが、テルビナフィンには真菌の細胞膜合成を阻害して殺菌する効果があります。
白癬菌は手足の水虫だけでなく、繁殖する場所によって爪水虫や頭部白癬や生毛部白癬などの原因にもなります。
こうした症状には、テルビナフィンやイトラコナゾールなどの抗真菌薬が有効です。

ラミシールには内服薬と外用薬の2種類があります。
通常の水虫など皮膚の表面で白癬菌が繁殖している場合には、外用薬を使用するのが普通です。
爪水虫や頭部白癬など皮膚の深部にまで白癬菌が入り込み、塗り薬だけではなかなか治らない場合のみ、内服薬が適用されます。
ラミシールや同じ成分を含む外用薬は市販されていますが、内服薬には重い副作用が伴う可能性があるため、できるだけ医師の指導を受けて慎重に服用することが大切です。

現在のところ白癬の内服薬にはテルビナフィンとイトラコナゾールの2種類があり、いずれも肝臓に負担をかける薬なので注意が必要です。
具体的には肝不全・肝炎・黄疸などの重い症状が現れ、死亡例も報告されています。
こうした症状は飲み始めから2か月の間に見られることが多く、定期的な肝臓の検査が欠かせません。
もともと肝機能に障害がある方は、特に気をつけてください。また血球減少や血小板減少など、血液に関する副作用も見られます。
血液の持病がある方はもちろん、健康な方も定期的な血液検査を行う必要があります。

軽度な副作用としては、下痢や吐き気などの消化器系の症状をはじめ、頭痛や眠気や皮膚の痒み・じんましんなどが挙げられます。
薬の添加物の影響もあると考えられ、重い症状ではありませんが、心配なら服用を中止して医師に相談してください。
またラミシールは他の薬との相互作用に注意しなければなりません。
抗うつ薬や抗結核薬をはじめ、胃薬にも飲み合わせの悪い薬があるので、服薬中の方は医師に伝えるようにしましょう。

そのほか高齢者は肝機能が弱っていることが多いため、ラミシールは慎重に服用する必要があります。
妊婦に対する安全性は確認されておらず、また授乳中の方は服用できないとされています。
なお自己判断で服薬を中止すると、治ったと思った水虫が再発することもあるので、完治したと医師が診断するまで使いつづけることが大切です。