アーカイブ | 6月 2016

  • カーペットや足湯が原因で水虫に!治療は抗真菌薬で

    温泉地で人気となっている足湯、利用した事のある方も多いのではないでしょうか。 足湯は無料でつかれるものが多く、利用しやすい点が魅力です。 ただ、不特定多数の方が利用するという事もあり、注意したい点もあります。 それは「水虫」です。 足湯を利用した事で水虫になってしまうケースは少なくありません。 水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚に感染する事で起こります。 お湯の中で白癬菌は繁殖する事は無いものの、他の部分で繁殖している恐れがあります。 多くの方が利用する足湯では、足を置く場所に白癬菌が繁殖している事があるのです。 そこを踏んでしまうと足の皮膚に白癬菌が付着し、水虫を発症するリスクが高まります。 足湯につかったら、流水で洗い流すなどして、白癬菌の感染を防ぎましょう。 足湯だけでなく室内のカーペットも、白癬菌の温床となっています。 特に家族に水虫患者がいるという場合、裸足でカーペットを踏まないようにする事が大切です。 人間の皮膚は新陳代謝によって、古いものは垢として剥がれ落ちるようになっています。 水虫患者の垢には白癬菌が、含まれている場合が多いのです。 カーペットに落ちた垢に白癬菌がいる場合、足湯同様、白癬菌に感染するリスクがあると言えるでしょう。 ですので、カーペットは裸足で踏まない、常に清潔にするといったケアを行う事で、水虫のリスクを抑える事がおすすめです。 このような対処法をしていても、水虫になってしまったという場合は、皮膚科で治療を受けましょう。 治療では抗真菌成分を含んだ、外用薬を処方されるケースがほとんどです。 抗真菌成分によって白癬菌の増殖を防ぎ、細胞膜を破壊する事で除菌します。 水虫は放置すると治るまでに時間がかかるので、少しでも皮膚に異変を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。
  • 抗真菌とmoiyaとレーザー照射について

    湿気が多くなる6月くらいから、水虫の症状を訴える患者が増えます。 水虫は、白癬菌という真菌が皮膚に感染して起こります。 水虫が発症する場所は、靴を履くため高温多湿の状態になりやすい足が圧倒的に多いです。 水虫に気がついて病院へ行くと、抗真菌薬を処方してくれることが多いです。 抗真菌薬には、外用薬と内服薬があり、ほとんどの人が外用薬による治療を受けます。 外用薬の中では、クリームタイプの塗り薬を使うことが多いのですが、場所や症状によってはローションタイプやスプレータイプの抗真菌薬を使います。 抗真菌薬以外にも、治療法はあります。 最近、話題となっているのが、レーザーを照射して治療を行う方法です。 レーザー照射は、爪水虫に対して行います。 レーザーの温熱効果によって、白癬菌を殺菌して治療します。 ただ、アメリカではFDAが許可しているものの、日本では厚生労働省が認可していないため、自由診療になります。 レーザー治療の所要時間は、10分から20分です。 麻酔も必要なく、安全性も高い治療方法です。 moiyaも、水虫の治療薬として話題となっています。 ホタテ貝殻セラミックスに白癬菌を死滅させる効果があることがわかり、水虫の治療薬になると作られたのがmoiyaです。 moiyaは、アメリカで承認され、2009年にアメリカで販売され、好評を得ています。 自然の素材である帆立貝の貝殻から作られているので、安心して使うことができます。 アメリカの治験では、7割の患者に効果があると証明されています。 爪水虫は、moiyaの水溶液に足を浸すだけで効果を発揮します。 強力な除菌効果があるのに体に優しいのが、moiyaの特長です。 moiyaは、毎日2回、朝と晩に患部につけます。